茨城県の新築一戸建て|株式会社R-home > R-homeのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における現状渡しについてメリットとデメリットを解説

不動産売却における現状渡しについてメリットとデメリットを解説

≪ 前へ|不動産売却時の「媒介契約」とは?種類ごとのメリット・デメリットを解説!   記事一覧   ローン残債があっても不動産売却はできる!売却の流れや注意点などを解説|次へ ≫

不動産売却における現状渡しについてメリットとデメリットを解説

カテゴリ:不動産売却

不動産売却における現状渡しについてメリットとデメリットを解説

不動産の売却を検討している20代〜30代の方で、現状渡しを考えている方は多いのではないでしょうか。
家を相続したものの古い築年数で建物の状態が悪かったり、売主の意向として手放したかったりするものです。
そこで本記事では、不動産売却における現状渡しについて解説します。
現状渡しの用語説明と、売却するメリット・デメリットを解説するため参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における現状渡しとは

不動産売却における現状渡しとは

まずは用語の確認として、現状渡しの意味を把握しましょう。
一般的な不動産売買とどのように違うのか、解説します。
その他、不動産売却の関係性が深い法的責任と告知義務の意味も把握しましょう。

概要

現状渡しとは、不動産の破損箇所を修繕しない状態のまま買主に渡す売却方法です。
一般的な不動産売買だと、破損箇所を修繕して売却しますが、現状渡しの場合は手を加えません。
破損箇所は壁紙が剥がれていたり、天井にヒビが入っていたりなど目視で確認できる箇所も含まれます。
他にも、目視で確認が難しい雨漏りや給湯器の故障なども該当し、生活に影響が出るほどの破損も現状のまま売却されるのが特徴です。
現状渡しは不動産会社に仲介してもらって売る方法もあれば、直接不動産会社に買取してもらう方法もあります。

法的責任

現状渡しには契約不適合責任があり、売主と買主のトラブルを避けるための取り決めです。
契約不適合責任とは、文字どおり契約の内容に不適合な事態が起きた場合、売主は買主に対して責任を負わなければならないというものです。
2020年の民法改正によって、以前の「瑕疵担保責任」にとって代わり、契約不適合責任のほうが責任の所在がより明確になりました。
たとえば、瑕疵担保責任において買主にあった権利は「損害賠償」と「契約解除」のみでした。
一方、契約不適合責任では損害賠償と契約解除にくわえて、「追完請求」と「代金減額請求」ができるようになりました。
責任の所在が明確になることで、安心して売買の取引ができるようになったのが特徴です。

告知義務

告知義務とは、売主が買主に対して不動産の状態を伝える義務です。
現状渡しのデメリットで後述しますが、破損箇所が多いと売却価格が下がってしまいます。
できるだけ高く売りたい売主にとって、「取引に不利なことは言わなくてもいいだろう」と考える方もいるかもしれません。
しかし、買主に不動産の欠陥を伝えずに売却した結果、引き渡し後に損害賠償などのトラブルに発展する場合があります。
そのような事態を避けるために、不動産売買では告知義務が必要不可欠なのです。
ただし、売主が故意に伝えなかったケースもあれば、売主自身も気付かなかった破損箇所があとから発見されるケースもあります。
不動産の売却を検討しているのであれば、専門的な知識をもった住宅診断士によるホームインスペクションをおこなうのが安心でしょう。

不動産売却における現状渡しのメリット

不動産売却における現状渡しのメリット

現状渡しには、コストも時間もかからないメリットがあり、売主と買主に大きなメリットがあります。
売却方法でもメリットがあるため、詳細を確認しましょう。

修繕のコストがかからない

現状渡しは修繕のコストがかからず、費用を抑えながら売却活動ができます。
通常の不動産売買の場合、破損している部分があれば修繕し、きれいな状態で売却するのが一般的です。
内見時の印象を良くするためにもおこなわれ、販売促進の役割があります。
しかし、現状渡しでは一切の手を加えず、家具や家電などを撤去するだけで十分です。
現状渡しの不動産を購入する買主のなかには、自分好みに手を加えたい方も多く、解体したりリフォームしたりするケースは少なくありません。

早期売却できる

現状渡しの場合、すぐに売却ができて、固定資産税を支払う負担が減るメリットがあります。
買主にとって不動産のエリアや駅までの距離などは購入条件として大切ですが、なにより安価な不動産を求める方が多いのも事実です。
数百万円から数千万のお金が動く不動産売買において、できるだけ安価な不動産のほうが人気が高いのは必然的です。
また、修繕しない現状渡しでは修繕工事もおこなわれないため、時間をかけず売却できます。
本来の不動産売買では、修繕業者を見つけ、見積もりで選定し、スケジュール調整をして依頼する一連の流れがくわわります。
着工から工事が終わるまでの数か月間がないと考えると、すぐに売却できるメリットは大きいといえるでしょう。

不動産会社の買取なら契約不適合責任が免責になる場合がある

不動産会社に買取依頼をする場合、契約不適合責任が免責となる場合があります。
買い取った不動産にリノベーションなどによって手を加えて再販することを目的としているため、現状渡しのような不動産でも売りやすいのです。
買い取った不動産は、不動産会社の知識や経験を使って新たな方法で活用します。
とは言え、必ずしも買取依頼をすると「現状渡し=契約不適合責任が免責」とはならないため、契約書の内容はしっかりと確認するようにしましょう。

不動産売却における現状渡しのデメリット

不動産売却における現状渡しのデメリット

現状渡しにはメリットもありますが、避けられないデメリットがあります。
どのようなデメリットがあるのか、確認しておきましょう。

個人へ売却する場合は契約不適合責任のリスクがある

契約内容と実際の不動産の状態が適合していない場合、契約不適合責任を問われるデメリットがあります。
「欠陥を黙っていれば高値で売却できる」と考えてしまいがちですが、のちのトラブルを想定すると現実的ではありません。
修繕しないまま売却する現状渡しでは、不動産の不具合については事前にすべて把握し、契約書に明記することが必要不可欠といえます。
とくにシロアリ被害は見逃しやすく、契約書に書いておかないとリスクが大きい問題です。
契約書に明記したうえで、売主、買主双方の合意をとっておきましょう。

売却価格が安い

売却価格が安いため、大きな利益を得られないデメリットがあります。
現状渡しの場合、決まりはないものの、値引き交渉をされるのが通例となっています。
「現状渡し」という特殊なケースでは、値引き交渉の要素となる点が多いため、交渉の材料になりやすいのです。
たとえば壁に数か所の傷があったり、給湯器が機能しなかったりすると、欠点として値下げされやすいです。
欠陥のある商品は他の商品よりも優先して値下げされるように、不動産にも同じことがいえます。
売却時は、値引き交渉されることを前提とした売り出し価格の設定をするのが良いでしょう。
希望売却価格と下限を決めておき、下限を下回ったら契約を断念するのが得策です。
無理して契約を結んでしまうと利益が少なく、現状渡しのメリットが活かせません。

トラブルが起きやすい

現状渡しには、トラブルが起きやすいデメリットがあります。
たとえば、現状渡しする不動産の中にある家具や家電は撤去しなければなりません。
「家具や家電も現状のまま渡せば良いだろう」と勘違いしてしまいがちですが、現状渡しする不動産の家電や家具は残置物となります。
買主の同意を得た場合はそのままで良いとするケースもありますが、何を残して何を撤去するのかについては話し合いをする必要があります。
買主によっては家具や家電の購入費をできるだけ節約するために、家具家電付きの物件を希望する方もいらっしゃいます。
売主と買主とで、節約したいポイントや譲れないポイントは異なりますが、双方が納得のいくような話し合いが大切です。

まとめ

不動産売却における現状渡しとは、不動産の破損箇所を修繕しない状態のまま買主に渡す売り方です。
売主と買主の双方にメリット・デメリットがありますが、全体的に費用負担が少なく取引が完了するのが特徴です。
現状渡しで損しないように、売主は売却価格の下限を決めて納得のいく売却をしましょう。

■□・‥LINEからのご相談も受付中!LINE公式アカウントを友達追加してお気軽にご相談ください・□■

友だち追加

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時の「媒介契約」とは?種類ごとのメリット・デメリットを解説!   記事一覧   ローン残債があっても不動産売却はできる!売却の流れや注意点などを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 更新情報

    2024-03-28
     住宅ローン        
      R-homeに     
         お任せください!!

    ①勤続1年未満でも『低金利』の
    住宅ローンをご利用可能!
    ※勤続3ヶ月以上の会社員
    (正社員)の方のみになります。

    ②契約社員・派遣社員の方でも『低金利』の住宅ローンを利用可能!
    ※勤続2年以上の契約社員・派遣社員の方。

    ③最長50年まで住宅ローンを組むことが可能!
    【例:3,000万円お借入の場合】
    35年ローン 変動金利0.6%
    月々:79,208円

    40年ローン(39歳までの方)
    月々:70,315円

    50年ローン(29歳までの方)
    月々:57,886円

    ④車のローンやカードローンのおまとめ可能!
    カーローンやカードローンを35年ローンに借り換えて月々の負担を減らせます。


    ①勤続が短くフラット35をすすめられたけど金利が高い。。。

    ②派遣社員・契約社員では低金利のローンが難しいと言われた。。。

    ③家賃がもったいないけど35年では支払いが厳しい。。。

    ④車のローンやカードローンの月々負担を減らし、安心して住宅ローンを組みたい

    といった方にご好評頂いております。

    ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください!

    更新情報一覧

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    R-home
    • 〒302-0118
    • 茨城県守谷市立沢1785番地5
    • TEL/0297-44-7207
    • FAX/0297-44-7208
    • 茨城県知事 (1) 第7402号
  • 更新物件情報

    2024-04-16
    水戸市堀町第13 新築戸建て 3号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    龍ケ崎市立野6期 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    那珂市菅谷第34 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    土浦市中23-1期 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    牛久市下根町23-1期 新築戸建て 2号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    牛久市刈谷町6期 新築戸建て 2号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    牛久市刈谷町6期 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    笠間市平町21-P1 新築戸建て 14号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    取手市白山7期 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-04-16
    つくば市西郷 新築戸建て 2号棟の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

吉田 健司 最新記事



吉田 健司

お客様には、私達のサポートを介して難しい不動産取引をよりわかりやすく有意義に行って欲しい。そんな思いでR-homeを作りました。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


水戸市堀町第13 新築戸建て 3号棟

水戸市堀町第13 新築戸建て 3号棟の画像

価格
2,590万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県水戸市堀町1175-5
交通
赤塚駅
徒歩35分

龍ケ崎市立野6期 新築戸建て 1号棟

龍ケ崎市立野6期 新築戸建て 1号棟の画像

価格
2,598万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県龍ケ崎市立野4314-9
交通
竜ヶ崎駅
徒歩12分

那珂市菅谷第34 新築戸建て 1号棟

那珂市菅谷第34 新築戸建て 1号棟の画像

価格
2,490万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県那珂市菅谷2068-5
交通
中菅谷駅
徒歩25分

土浦市中23-1期 新築戸建て 1号棟

土浦市中23-1期 新築戸建て 1号棟の画像

価格
2,099万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県土浦市1138-64
交通
荒川沖駅
徒歩38分

トップへ戻る