茨城県の新築一戸建て|株式会社R-home > R-homeのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットをご紹介!

不動産売却における買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットをご紹介!

≪ 前へ|不動産を売却する流れとは?査定や契約について解説!   記事一覧   不動産の相続登記が義務化になる!その背景や改正内容をチェック|次へ ≫

不動産売却における買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットをご紹介!

カテゴリ:不動産売却

不動産売却における買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットをご紹介!

不動産を売却する際、不動産会社に仲介を依頼するケースが多いと思います。
しかし、仲介のほかに買取という方法があるのをご存知でしょうか?
今回は不動産の売却を検討している方に向けて、買取の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。
仲介との違いについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

■□・‥LINEからのご相談も受付中!LINE公式アカウントを友だち追加してお気軽にご相談ください

友だち追加

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買取と仲介の違いとは?

不動産買取と仲介の違いとは?

まず最初に、不動産買取と仲介の違いについて見ていきましょう。

不動産仲介との違い

不動産仲介は、不動産会社と媒介契約を締結して買主を探す方法です。
一方の不動産買取は、不動産会社に直接買い取ってもらう方法となります。
買主が不動産会社となりますので、売却活動をして買主を探す必要がありません。
この部分が大きな違いとなります。
また、当然ですが不動産買取は仲介ではないので、仲介手数料が発生しないということも大きな違いでしょう。
以上のことから、不動産買取はスピーディーに現金化できるのに対し、仲介は買主が見つからないと現金化できないという違いがあります。

不動産買取には2種類ある

不動産買取と仲介には大きな違いがあることがわかりました。
スピーディーに現金化したい場合、不動産買取はとてもメリットがある売却方法です。
不動産買取の中でも、即時買取と買取保証の2種類があります。
それぞれの特徴や買取の流れを見ていきましょう。

即時買取
一般的な不動産買取は、即時買取という方法になります。
査定を依頼した後すぐに不動産会社が買い取る方法が即時買取です。
査定から買取までの期間が、最短で1週間、長くても1か月で売却できるのが特徴となります。
通常、仲介で売却する場合は、早くても3か月はかかりますので、不動産買取がいかにスピーディーかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

買取保証
買取保証は、一定期間、仲介での売却活動をおこなった上で、買主が見つからない場合に買取をおこなうという方法です。
仲介で売却することができれば、高く売れる可能性もあります。

売却までの期間が限られている場合などに買取保証は、ある程度区切りをつけて売却活動をおこなえるというメリットがあるのです。
仲介と買取の良いとこ取りのようなイメージというのが、買取保証になります。
買取保証では、専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結び、基本的に3か月間販売活動をおこないます。
3か月以内に買主が見つかった場合は、市場に出ている価格と同等な相場価格で売却することが可能です。
ただし、この期間に売却した場合は仲介となりますので、仲介手数料が発生することを理解しておきましょう。
3か月以内に買主が見つからなかった場合は、相場の2〜3割安い価格で不動産会社が買取るという流れになります。
買取になった際は、もちろん仲介手数料はかかりません。

不動産買取のメリット

不動産買取のメリット

次に、不動産買取のメリットを見ていきましょう。

スピーディーに現金化できる

不動産買取の大きなメリットは、現金化までがスピーディーという点です。
先ほども触れましたが、仲介の場合は売却活動してすぐに買主が見つかったとしても、引き渡しまで3か月は見ておく必要があります。
すべてが順調に進んだとしても、2か月はかかってしまうのが仲介です。
その点、不動産買取は不動産会社が直接買取りをおこなうため、買主を探す必要がありません。
そのため、スピーディーに現金化したい方にとって、最適な売却方法といえます。

内覧不要

住みながら売却をおこなう場合、購入希望者の内見に対応する必要があります。
仲介の場合、内見対応をしたくない場合は、引っ越ししてから売り出す必要があるのです。
しかし買取の場合は、内見の対応が不要という点がメリットといえます。

仲介手数料不要

不動産会社が直接買取るため、仲介手数料が発生しないということが、買取の大きなメリットといえます。
仲介手数料は、不動産売買価格400万円超の場合「(物件価格×3 %+6万円)+消費税」です。
そのため、不動産売却の仲介手数料は高額に感じることもあるでしょう

周囲に知られずに売却することができる

不動産を早く売却するためには、広告などで宣伝することが効果的です。
また、近隣にチラシを配ることも効果的でしょう。
しかし、何かしらの理由で、売却していることを知られたくない、という方も少なくはありません。
不動産買取であれば、売却活動をおこないませんので、周囲に知られずに売却することが可能です。
不動産買取では、家への訪問は査定のときなど限られますので、周囲に知られる可能性は低いでしょう。

契約不適合責任がない

仲介で売却した場合、売却後に一定期間、契約不適合責任が発生します。
契約不適合責任とは、瑕疵担保責任のことです。
法改正により名称が変更になりましたが、シロアリや漏水などの欠陥に対して、一定期間売主が責任を負うことになります。
しかし、買取の場合は買主が不動産会社なので、契約不適合責任が発生しません。
売却後に損害賠償や補修費用が発生することがないのは、メリットといえるでしょう。

不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリット

次に不動産買取のデメリットを見ていきましょう。

売却価格が安くなる

不動産買取の大きなデメリットとして、売却価格が通常の市場価格より2~3割程度安くなるという点です。
これは不動産会社が買い取った後、リフォームをして再販売するという理由があります。
そのため、リフォーム代の分、安くなると考えても良いでしょう。

買取できない場合もある

不動産買取は、どんな物件でも買取できるかというと、そうではありません。
なかには買取ができない物件もあります。
老朽化してリフォームができない状態、再建築不可物件など、再販売がむずかしい場合には、買取不可になる可能性もあるのです。

価格に対する納得感を感じにくい

不動産買取の買取価格は査定ですぐ決まります。
そのため、相場とかけ離れていることも少なくはありません。
価格に対する納得感がないまま売却することもあり、その点はデメリットと感じる方もいるのではと思います。
不動産買取で仲介のような価格で売却することは難しいでしょう。
不動産買取を利用する場合は、価格よりも、すぐに現金化できることに重きを置いたほうが良いでしょう。

不動産買取のデメリットは?

不動産買取の最大のデメリットは、売却価格が安いということです。
不動産買取の性質上、どうしても仲介で売却したときと比べると安くなってしまうのは仕方のないことです。
価格が安いということは、最大のデメリットに思えるかもしれませんが、スピーディーに現金化する必要がある場合や、仲介で買主が見つからない場合は、不動産買取がおすすめです。
高く売却したいがために数年かけて売却活動をしても買主がつかず、築年数が古くなっていくというケースもありえます。
仲介で売却が難しい場合は、買取に切り替えるという方法も検討してみましょう。

まとめ

今回は、不動産買取と仲介の違いや、買取の種類、メリット・デメリットについてご紹介しました。
不動産買取の大きなメリットは、スピーディーに現金化できることです。
また、売却活動をおこなう必要がないという点もメリットといえます。
売却をお急ぎの方は、ぜひ不動産買取も検討してみてください。

■□・‥LINEからのご相談も受付中!LINE公式アカウントを友だち追加してお気軽にご相談ください

友だち追加

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却する流れとは?査定や契約について解説!   記事一覧   不動産の相続登記が義務化になる!その背景や改正内容をチェック|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 更新情報

    2024-05-13
     住宅ローン        
      R-homeに     
         お任せください!!

    ①勤続1年未満でも『低金利』の
    住宅ローンをご利用可能!
    ※勤続3ヶ月以上の会社員
    (正社員)の方のみになります。

    ②契約社員・派遣社員の方でも『低金利』の住宅ローンを利用可能!
    ※勤続2年以上の契約社員・派遣社員の方。

    ③最長50年まで住宅ローンを組むことが可能!
    【例:3,000万円お借入の場合】
    35年ローン 変動金利0.6%
    月々:79,208円

    40年ローン(39歳までの方)
    月々:70,315円

    50年ローン(29歳までの方)
    月々:57,886円

    ④車のローンやカードローンのおまとめ可能!
    カーローンやカードローンを35年ローンに借り換えて月々の負担を減らせます。


    ①勤続が短くフラット35をすすめられたけど金利が高い。。。

    ②派遣社員・契約社員では低金利のローンが難しいと言われた。。。

    ③家賃がもったいないけど35年では支払いが厳しい。。。

    ④車のローンやカードローンの月々負担を減らし、安心して住宅ローンを組みたい

    といった方にご好評頂いております。

    ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください!

    更新情報一覧

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    R-home
    • 〒302-0118
    • 茨城県守谷市立沢1785番地5
    • TEL/0297-44-7207
    • FAX/0297-44-7208
    • 茨城県知事 (1) 第7402号
  • 更新物件情報

    2024-05-21
    小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 3号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 2号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    ひたちなか市東石川5期 新築戸建て 4号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    ひたちなか市東石川5期 新築戸建て 3号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    ひたちなか市東石川5期 新築戸建て 2号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    水戸市元吉田町9期 新築戸建て 3号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    笠間市赤坂第6 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    ひたちなか市武田第3 新築戸建て 1号棟の情報を更新しました。
    2024-05-21
    稲敷郡阿見町53期 新築戸建て 2号棟の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

吉田 健司 最新記事



吉田 健司

お客様には、私達のサポートを介して難しい不動産取引をよりわかりやすく有意義に行って欲しい。そんな思いでR-homeを作りました。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 3号棟

小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 3号棟の画像

価格
2,390万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県小美玉市栗又四ケ2424-5
交通
高浜駅
徒歩55分

小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 2号棟

小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 2号棟の画像

価格
2,390万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県小美玉市栗又四ケ2424-5
交通
高浜駅
徒歩55分

小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 1号棟

小美玉市栗又四ケ1期 新築戸建て 1号棟の画像

価格
2,390万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県小美玉市栗又四ケ2424-5
交通
高浜駅
徒歩55分

ひたちなか市東石川5期 新築戸建て 4号棟

ひたちなか市東石川5期 新築戸建て 4号棟の画像

価格
2,490万円
種別
新築一戸建
住所
茨城県ひたちなか市大字東石川3361-47
交通
勝田駅
徒歩39分

トップへ戻る